Nerve Organoid™ – 3D Nerve on a Chip

Nerve organoidはヒトiPS細胞から作られた、体内と類似した細胞体の凝集部と軸索束を有する神経組織です。
微細加工技術(Microfabrication Technology)を利用して作製したマイクロ流路に、ヒトiPS細胞から分化させた神経細胞の細胞塊(sphere)を播種して培養することで、軸索が自己組織的に束化をして伸長します。


Nerve organoid

*特許第6430680号
“神経細胞を培養する装置、神経細胞を培養する方法、培養された神経細胞、軸索束内のプロテインを解析及び同定する方法並びに神経細胞の使用方法” (日本, 米国にて特許取得済,各国移行中

Nerve Organoidの特徴

  • 神経細胞体と軸索束が明確に区別されている
  • 生体内と同様に軸索が軸索束として存在する
  • ピンセットで取り扱えるレベルで、物理的にも頑強である
  • Nerve organoidの長期培養が可能
  • ヒトiPS細胞から分化させた神経細胞を使用しているため、Nerve organoidを大量に生産し大量に評価できる

Sources:

Nerve organoid中の軸索束をピンセットで伸ばしていく様子

Video shot at 10X magnification and has been sped up by approximately 17x

Targeted Drug Discovery using Nerve Organoid

Jiksak Bioengineeringでは末梢神経に着目し、ヒトiPS細胞から分化させた運動神経細胞や感覚神経細胞を用いてNerve organoidの開発と
製造販売を進めています。

Nerve organoidは、生体内の神経組織との生物学的な整合性が高いことが明らかになっています。
細胞体と軸索束を区別した3次元モデルを用いて評価できるため、これまでの2次元培養では困難であった評価を可能にします。

Nerve organoidを用いることで、創薬プロセスにおける候補化合物やターゲット分子の有効性・毒性評価・安全性評価を、前臨床段階においてより高い確度で予測するツールとして有効です。
これにより、動物試験とヒトでの前臨床試験結果の整合性が低いことから生じる新薬候補のドロップアウトが解消され、創薬プロセスのスピード加速に貢献します。また弊社ではNerve organoidを用いた再生医療事業も推進しています。

探索研究フェーズ
非臨床試験フェーズ

Nerve Organoidを用いた創薬ターゲット同定事例